セルライトの予防方法

 

 

セルライトを防止するには、当然のことながら、その前段階である体脂肪による肥満を防止することが必要です。

 

で、その肥満にもタイプがあります。それぞれに対策が違います。ご自身はどのタイプに当たるのかをしっかり見極めて、正しい対策を採るようにしましょう。

 

まずは、肥満がむくみからくる人です。

 

気をつけることの第一は、塩分のとり過ぎです。塩分をとると、血液の中のナトリウム濃度を下げようと、血液が水分を大量に含むように鳴ります。それがむくみとなるのです。

 

また、しっかりと老廃物を出すようにしましょう。これには血液やリンパの流れを盛んにすることが必要です。

 

たまに「水分のとり過ぎに注意しましょう」などと書いているサイトがあります。が、逆です。水分をしっかりととることで、体内の老廃物なども排出することもできます。

 

食事では利尿作用のあるものを積極的にとるようにしましょう。

 

また、カロリーオーバーからくる人は当然のことながら、食事に気をつけましょう。単に摂取カロリーを落とすだけではなく、栄養バランスのよいメニューが必要です。

 

と、同時にエクササイズを欠かさないようにしましょう。体脂肪を落とすためには有酸素運動が向いています。

 

また、これら以外に、「筋肉太り」と呼ばれるタイプの人たちがいます。元々本格的にスポーツをやっていたものの、今はやめてしまって、かつての筋肉が体脂肪に置き換わってしまったような人たちです。

 

これはなかなか解消しないとされています。複数の方法を組み合わせ、根気強く取り組むことが必要です。

 

美容外科で出来るセルライト除去

 

 

痩身コースはエステサロンでの中心に和るサービスでしょう。総合的に美容を扱っているところならば必ずあるでしょう。

 

が、エステサロンごとにその内容は少しずつ違うようです。

 

何がその内容を分けるのでしょう。

 

一方に昔ながらのハンドマッサージを中心にしているところがあります。もう、一方に積極的に最新技術を使った痩身マシーンを採用するところがあります。また、その療法を用意していて、お客さんの要望や、体質などに合わせて選択するところもあります。

 

いずれも一長一短なので、あとは自分の考えで選択することになるでしょう。

 

痩身マシーンを使う場合は、たとえば超音波振動などを使って、皮膚の奥の方にこびりついているセルライトをもみほぐしたり、皮膚に熱を発生させて、リンパ液や血液の流れを促したりします。

 

もっと確実に体脂肪やセルライトを取り除きたいのならば、エステサロンではなく、美容外科にお願いするのも選択肢でしょう。

 

こちらもいくつかの方法が見られます。たとえば、脂肪吸引。これは脂肪を取りたいところに細い管を刺し、脂肪を吸い取っていくという、直接的な解決策です。

 

かつては、この吸い取った後が凸凹してしまったり、傷が残ってしまったりといった例がしばしば聞かれました。が、次第に機器やノウハウが改善されて、トラブルは減少しているようです。

 

脂肪がたまるのは「脂肪細胞」という特定の部分です。これごと吸い取ってしまいますから、今ある脂肪がなくなるだけではなく、この部分は将来も脂肪がつかなくなります。

 

更新履歴